引っ越し資金を借りるには。上手に引越し費用の融資を受ける方法

引っ越し資金

転勤や離婚など、思わぬ出来事になると急な引っ越しを余儀なくされる場合が出てきますよね。
あと数日で引越ししないといけない。そんな時はどうしてもお金を工面しなければいけません。

 

まず引っ越しが完了するまでどのくらいお金がかかるか確認してみましょう。

 

【引っ越しの料金の目安】

移動距離 単身

(荷物量:普通)

単身

(荷物量:多め)

オフシーズン 繁忙期 オフシーズン 繁忙期
近距離(20km以内) 37,805円 49,147円 44,315円 57,610円
近距離(50km以内) 43,595円 56,674円 45,980円 59,774円
中距離(100km) 56,775円 73,808円 60,000円 78,000円
長距離(200km) 60,642円 78,835円 63,213円 82,177円
長距離(200km) 74,112円 96,346円 81,394円 105,812円

目安として、同都道府県内での引越しであればオフシーズンで3〜4万円、繁忙期で5〜6万円が相場です。
他県への移動になるとオフシーズンで5万円以上、繁忙期で7万円以上が相場です。

(引用:引越し侍より)

引っ越し資金を借りる

新しい家に引っ越しを行うときには結構資金がかかるんですよね。

でも引っ越し資金を工面しなければ引っ越すことはできませんよね。

 

引っ越しを行うにあたってかかってくる費用は様々なものがあります。

 

まず今住んでいる家から荷物を運び出すための費用です。

荷物を新しい家に運ばなければいけませんよね。大きな家具や家電も運び出すならとても大がかりになります。でも引っ越し業者に頼めば全部行ってくれるので大助かりですよね。ですが、引っ越し業者に頼む場合も結構な費用が掛かるんですよね。
引っ越し費用としては、平均ですが10〜15万円程度を見ておいた方がいいでしょう。

 

それから次に新しく済む家が賃貸出会った場合には敷金や礼金、仲介手数料等が必要となってきます。

新居を契約する場合には、
敷金:0〜2ヶ月分(退去時に大家さんがリフォームを行う費用です。あまりリフォーム費用がかからない場合には返金される場合もあります。
礼金:0〜2ヶ月分(大家さんにお礼として支払う費用です)
仲介手数料:0〜1ヶ月分(管理会社の手数料)
保険料:1〜2万円(住宅の火災保険や盗難保険です。最近は加入が義務つけられています)

 

礼金は住む家によってはないところもありますし、金額も物件によってまちまちですね。仲介手数料なども交渉次第では安くできる可能性もありますね。

 

それから家の家賃も必要です。

住む日からの日割りの家賃が必要となります。そして新しく家具や家電を買い足したり買い直したりする場合にはまたそちらの費用も必要となって着ますよね。引っ越しには大きなお金が必要になるようなんです。

 

家賃:これはあなたが契約した家賃ですが、これ以外に管理費もかかります。車があれば駐車場代も発生します。
敷金には、家賃と管理費(+車があれば駐車場代)が含まれます。

新居に移った場合の新しい家具、家電、生活用品も必要になります。

既にあるものを運び込むと思いますがこの際に思い切って処分するものも出てきますので、新居では新しく購入するものが必ず発生します。
家電製品:約15万円(テレビ、エアコン、照明器具、掃除機、洗濯機、冷蔵庫など)
家具:5〜10万円(じゅうたん、カーテン、机、戸棚、布団など)
生活用品:3万円(服、食器、掃除用品ティッシュ、などの消耗品)

 

ざっと上記の金額を合算するとおおよそ45〜50万円程度は見ておいた方がいいと思います。

 

引越し資金がなくて困っている女性

 

なのでどこからか引越し資金を調達するか、もしくは引越し費用を節約する必要があります。
このサイトでは、お金を借りてくる方法と引越し費用を節約する方法を解説させていただきます。

引っ越し資金を融資するには

引っ越し資金を借りる
引っ越しを行う際には一度に大きな金額が必要となりますよね。
引っ越し業者に支払う代金、敷金、礼金、仲介手数料、家賃、必要な家具や家電などを買い揃える、考えてみただけでもたくさん出費がありますね。それ以外にも必要となってくる出費も色々あるかもしれませんね。

 

どうしてもこのような引っ越し資金は必要だけど、手元にお金がないという方には引っ越し代金を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。
引っ越しのように一度に大きな金額が必要となってくる場合にキャッシング等の融資を受けている方も多いようなんです。
多くの消費者金融や銀行等でお金を借り入れすることができるんですね。なのでこのような引っ越しで大金が必要な場合にはそういった消費者金融等を利用するのも便利で良い方法かもしれませんね。
ですが、キャッシングを行う際には必ず返済のための計画をしっかりと行うようにしておきましょう。
返済時には借りた金額に利子がプラスされます。借りた金額以上の金額を返済しなくてはいけません。当然ですが実際の返済の時には大変になります。

 

ただ、その中でも無利息で借りられるサービスがあるのをご存知ですか?
30日間は利子がつかずに借りられるなど一定期間無利息で借りられるサービスがあるので、ここではそのようなキャッシングサービスを紹介します。これであれば、次の給料などが入った段階で返済すれば利子がつかずに借りられるのです。
キャッシングが危ないんじゃ。。。なんて心配する方もいますが、返す目途があれば、使い方によってはとても便利なのですよ!

引越し資金ならこちらがおすすめ

時間もない人であれば、ぶっちゃけお金を借りるのが一番早いです。

 

ただ、お金を借りるのって初めてだし、怖いのでは、、、という人もいると思いますが、初めての方には無利息で借りられるというサービスがあるのでそれをご紹介します。
給料日であったり、お金はすぐに入る予定がる人であればこれは逆に便利なサービスと言えます。
人に気軽にお金を借りられたら良いのですが、やはり迷惑がかかりますよね。
なので、そんな場合は融資してもらいましょう。

 

特に30日間無利息サービスなど行っているところでは次の給料後に返済すれば無利息で借りられるから便利です。

アコム

アコム

 

アコムはTVコマーシャルでもおなじみですから、安心感があります。
最大30日間無利息なので次の給料日のお金で払えば無利子で借りられます。無利息期間ははじめての方が対象です。
3秒診断や融資のスピード、豊富なATMなど充実したサービスが整っています。
パート・アルバイトの方でも一定の収入があれば審査の上、融資可能です。もちろん、アコムも来店不要で即日振込みも可能!
最短30分で審査結果を知らせてくれます(あなたが指定した電話へ審査結果を伝えてくれます)。全国のアコムの支店やアコムATM、銀行やコンビニATMでいつでも利用できます。※提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。

 

アコム

 

 

アイフル

アイフル

 

アイフルの最大の特長は即日融資も可能(最短1時間で可能)です。※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。
アイフルも最大30日間無利息なので次の給料日のお金で払えば無利子で借りられます。無利息期間ははじめての方が対象です。
来店不要でWeb申込みをすることも可能ですから、携帯、スマホから申し込みもできます。返済方式は借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式を採用しているので、お財布に余裕があるときには積極的に返済をすることで早く返済を終了させることが出来ます。
契約方法はこの他に電話、店舗、自動契約機、女性専用ダイヤルなど選ぶことが可能です。

アイフル 申し込み

 

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)はスピードが早いのが特徴。スピーディな審査で、借り入れが可能かどうが3秒ですぐに分かります。
審査結果は最短30分で分かります。
こちらもWeb申し込みですべて契約手続きも完了するので来店不要です。
平日14時までにWeb契約が完了すれば当日に融資可能です。
30日間無利息サービスがありますのでそれまでに返済すれば無利子で借りることができてとても便利です(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)。
詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

女性オペレータを希望の場合は、レディースプロミスがあります。

引っ越し資金を安くするために@引っ越し業者を無駄なく選ぶ!

引っ越し資金を安くするための方法としてという方法があります。
そのためには、安い引っ越し業者を探すこと!

 

引っ越し業者から見積りをもらって比較することで、一番安い引っ越し業者を選ぶことができます。
ここで紹介する引っ越し侍は、最大10社まで一括で見積りをもらうことができます。
しかも無料です!一度の情報入力で複数の引っ越し業者から見積りをもらうことができるので、引っ越しを検討している人は大抵利用する一括見積りサービスです。

 

 

 

無料でできるので、とりあえず申込むだけ申し込んでどのくらい引っ越し費用がかかるか見てみれば費用感が分かります。
(利用したら必ず指定の業者に申込まないといけないというわけではありませんのでご安心ください)

 

 

良い引越し業者を選ぶ見分け方

 

引っ越し業者にはたくさんの業者がいます。
その中から良い引っ越し業者を選ぶのはとても大変な事。
引っ越し業者によって行うサービスには違いがあります。
そのサービス内容を良いという人もいれば、特になくても良いという人もいます。
そのため人によって合う引っ越し業者というのは違いますので、引っ越し業者が行うサービス内容をしっかりと確認しておきましょう。
引っ越し業者の何を見て決めればいいのかわからないという人は、引っ越し業者の口コミを見ることもおすすめ。
引っ越し業者の評判や口コミで調べると、実際にその業者を利用した人の口コミを見ることができます。
それを見て評価が高いところ、また口コミで良いと評価している人が多いところを選ぶと良いでしょう。
良いと評価する人が多ければ多いほどその業者はたくさんの人から支持されているということになります。
逆に良い口コミが少ないところは何らかの問題があるかもしれませんので、絶対に良い業者とは言い切れません。
ここにしようかな?と思える業者が見つかったら口コミを調べ、実際にりようした人がどんな感想を持ったのかを調べてみましょう。
迅速に丁寧に作業をしてくれる引っ越し業者は自然と評価も高くなりますので、良い引越し業者を選ぶポイントとも言えますよ。

引っ越しまでの手順

良い引越し業者を選ぶ見分け方

 

引っ越し業者にはたくさんの業者がいます。
その中から良い引っ越し業者を選ぶのはとても大変な事。
引っ越し業者によって行うサービスには違いがあります。
そのサービス内容を良いという人もいれば、特になくても良いという人もいます。
そのため人によって合う引っ越し業者というのは違いますので、引っ越し業者が行うサービス内容をしっかりと確認しておきましょう。
引っ越し業者の何を見て決めればいいのかわからないという人は、引っ越し業者の口コミを見ることもおすすめ。
引っ越し業者の評判や口コミで調べると、実際にその業者を利用した人の口コミを見ることができます。
それを見て評価が高いところ、また口コミで良いと評価している人が多いところを選ぶと良いでしょう。
良いと評価する人が多ければ多いほどその業者はたくさんの人から支持されているということになります。
逆に良い口コミが少ないところは何らかの問題があるかもしれませんので、絶対に良い業者とは言い切れません。
ここにしようかな?と思える業者が見つかったら口コミを調べ、実際にりようした人がどんな感想を持ったのかを調べてみましょう。
迅速に丁寧に作業をしてくれる引っ越し業者は自然と評価も高くなりますので、良い引越し業者を選ぶポイントとも言えますよ。

引っ越し資金を借りるには。上手に引越し費用の融資を受ける方法

引越しをすることになったら、色々なことをしなければなりません。初めての引っ越しの場合は何から始めればいいの?と心配になりますよね。ここではその手順について紹介していきましょう。

 

まずは新居探しです。

新居を決め、いつから入るかまで決めましょう。それが決まったら引っ越し業者を探します。引っ越し業者は複数ありますので、一括見積サイトがおすすめです。
一括見積サイトを利用すれば複数の会社の見積もりを一度に出すことができますので、とても便利ですよ。見積りが出し終わったら契約し、それからは自分がやるべきことをしていきます。

 

荷造り・役所での手続き・電気やガス、NHKなどへの手続きなど住所変更が必要なものは忘れないように全てしておきましょう。

手続きの数が多い場合はチェックリストを作っておくと便利ですよ。

 

入居日が近づいてきたら新居の掃除もしておきましょう。

掃除の際にご近所への挨拶もしておくと良いですね。そして引っ越し前日の日は隣近所に挨拶し、引っ越すので音などのご迷惑をかけることを事前に謝っておきましょう。
前日までにすべてのにづくりをおえるようにしてくださいね。
これで当日に引っ越しをすれば完了です。手続きなどがとても厄介なものとなるので、このポイントはきちんとしておきましょう。

 

 

引っ越し資金を安くするためにA身の回りの物を処分する

引っ越しの際、思い切って身の回りのブランド物など少しでも値段が付きそうなものを処分して、少しでも引っ越し資金を浮かす方法も一つです。
もし、半年間一度も使っていないブランド品があれば、それはただ持っているだけ!
滅多に使わないのであれば、無駄なものとして、思い切って処分してみてはいかがでしょうか?
『ブランド品を全国から宅配で郵送し、買取をするサービス』というものがあります。
郵送する時に使用するダンボールの手配や送料、査定だけでも完全無料のブランド買取サービスです。
査定金額に納得すれば、24時間以内に振込をして、スグに売却成立。
査定金額に納得いかなければ、送料無料で返送も可。
売りたい荷物が多い方、忙しくてお店に行く時間のない方、対面での査定が苦手な方には非常に便利なサービスです。
ブランド買取サービスはこちらで紹介しています。

 

引っ越し資金の相場

引っ越しを行う際に引っ越し業者を利用する場合には費用が掛かりますよね。
ではその時の引っ越しの費用っていったいどれぐらいかかるものなのでしょうか。引っ越しの費用の相場はどれぐらいなのか気になりますよね。引っ越しの料金は引っ越しを行う時に運び出す荷物の量や、どこからどこまで移動するのかその移動する距離や、引っ越し先がマンションやアパートであれば階数、エレベーターの有無によっても変わってきます。
それから時期によっても金額が変わってくるのです。年度が新しくなる3月や4月ごろは引っ越し業者が一番忙しくなる時期なんですね。
その時期に引っ越す人が最も多いんです。学校や仕事などの環境の変化に伴って引っ越しを行うという方が多いからなんですね。
なのでそういった年度のかわる時期は引っ越しの金額がかなり高くなってしまいます。
時期をずらすことができそうなのであれば、ずらした方がいいかもしれませんね。他にも土日祝日や大安などは人気も高いので値段も高くなりがちなんです。時間も時間指定で値段が高くなることもあるんです。

 

>トップに戻る

【運営サイト情報】
弊社では以下のサイトも運用しています。是非ご参考ください。
http://gavia.biz/
http://www.eko-boss.org/