引っ越し貴重品などの荷造り方法

引っ越し貴重品などの荷造り方法

引っ越しをする際に貴重品も荷造りしなければなりません。しかし貴重品はどうやって荷造りしたらいいのかということで悩む人も多いでしょう。貴重品もそれぞれなので、梱包方法も変わってきます。
例えば通帳や印鑑と言った物はダンボールに入れずに手持ちで持っていた方が安心でしょう。ダンボールの中に入れてしまってもいいのですが、紛失すると非常に困るものなので手持ちの方が持ち主の安心だと思います。
その他の貴重品には高価なものなどがあります。もしそれがワレモノなら、プチプチなどに包まなければなりません。包んだ後にダンボールに入れると思いますが、ダンボールにはワレモノと必ず書いておいてください。
ワレモノとわかれば丁重に運んでくれますので、中身も安心です。書いてない場合は破損する可能性が高くなりますので注意してくださいね。
貴重品は小さいものなども多いと思うので、自分たちで手持ちで持って行った方が安心かもしれません。手持ちで持っていけるものは全て手持ちで持っていきましょう。
大きいものは引っ越し業者に言って丁寧に梱包してもらうことも一つの方法です。引っ越し業者の方が梱包には慣れていますので、お任せしても良いですね。

 

>トップに戻る